カテゴリ:これまでのお菓子( 32 )

5ヶ月ぶりのhjemme。
久々の皆さんとのお菓子作りは「ふわり」。
このお菓子は、セブンイレブンのふわふわパフサンドがモデル。
テレビでこのお菓子の特集があって、大型機械で作られる工程に目が釘付けになってこんな感じ?と作り始めたのです。
セブンのそれを食べたくても今はもう売ってません。
すごく美味しかった記憶だけ残っています。

a0085391_9593190.jpghjemmeのふわりは別立て生地の作り方を基本に、カスタードと生クリームを一緒にしたクリームをたっぷりと挟むことでしっとりさせています。
カスタードクリームはお家で気軽に気楽にということで電子レンジで作るタイプのものをご紹介。
(ティールームや納品の時はお鍋で炊いたものを使っています)
バニラビーンズを入れて香り豊かに仕上げました。




テーブルセッティング、最初は左のようにイメージしていたのですが
チューリップを偶然見つけて
急きょテーブルクロスをピンクにかえたら
思いがけず素敵で可愛いテーブルになりました。
a0085391_9563525.jpga0085391_9591482.jpg













ちなみにお花、前半クラスはチューリップ。
後半クラスは淡い優しいピンクとショッキングピンクのガーベラを。

ミニデザートはレンジカスタードであまった卵白をつかって
白いプリンをご紹介しました。
ラム酒を利かせて大人のプリンに仕上げ苺とタイムの香りと一緒に。

ウェルカムティーはオランダの紅茶・珈琲専門店Hofje van Wijs の
アールグレイジャルダン。
茶葉と一緒に入っていたのはミモザ!
びっくり、そして、可愛い!
a0085391_9585935.jpga0085391_957329.jpg













ティータイムの紅茶はロンドン・コベントガーデンにある老舗紅茶専門店
TEA HOUSEのイングリッシュアフタヌーンティー。
ミルクをたっぷりいれてもまけない紅茶です。

生地はこんな風に小さく絞って(写真は3㎝)焼いたり
2つの丸型をどーんと焼いて大きなどら焼き風ふわりにしてみても。
a0085391_957478.jpg










皆さん、おつかれさまでした!
a0085391_9594830.jpg
[PR]
1月 どらやきと鯛焼きと和風デザート

2011年、何事もまぁるく物事がすすみますよう
まんまるのどら焼き(トラ焼)とおめでたい鯛焼きをご紹介しました。

あずきをいれた黒糖ババロアには苺をのせました。
(橋本農園さんお手製の栗の渋皮煮のクラスもありました)
ちび鯛焼きと小豆の黒糖ババロア、そしてお抹茶をたてて
和風デザートプレートに仕上げティータイム。

a0085391_7113063.jpga0085391_712652.jpg











お抹茶は難しい事抜きで茶筅でしゃかしゃかするだけ。
今後も教室で楽しんでいただきたいと思っています。

ホットプレートをみんなで囲み
一体何匹の鯛焼きといくつのどら焼きと虎焼を焼いたのでしょうか...。
袋につめてまるでお店のようでした。
新年最初のhjemmeはのんびりまったりとスタートしました。

今年もお茶とお菓子で楽しんでいただけますように。
皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

ウェルカムティー:京都・一保堂茶舗の大福茶
ティータイムティー:お抹茶
[PR]
12月 キッシュ

今年最後の教室はキッシュをご紹介しました。
海老とかぼちゃとクリームチーズ(2種類)のカレーキッシュ。
a0085391_1392576.jpga0085391_13151727.jpg











a0085391_1310148.jpga0085391_13162361.jpg











キッシュ生地(パート)を作っている時に
どんどんたまる卵白に途方に暮れかけたのですが
ん、ん、ん!卵黄なしの卵白だけのアパレイユがあってもいいのでは!?
しかもカレーパウダーのおかげでほんのり黄色なので
カモフラージュになる(する必要はないのですが)!と。
ヘルシーで卵1個でできるキッシュなのです。

あの卵白の量を見たら
誰もが思いつくことなのだとは思うのですが
ひらめいた自分にちょっと感動(笑)。

焼き立てのキッシュにベビーリーフとドレッシングを合わせて
キッシュプレートに仕上げました。

COCO FARM & WINERYのSパークリングロゼグレープジュースで
今年も一年ありがとうございました!と乾杯♪
ほんのりピンク色でしゅわしゅわっと幸せな時間がはじけました。

デザートは橋本農園さんの栗の渋皮煮をいれたアーモンドケーキに
生クリームを添えて。私からの感謝のデザートです。
ナプキンも緑と赤で、クグロフ型のケーキが並ぶととクリスマスの雰囲気になります。

あわせた紅茶は前半クラスはニルギリ、後半クラスはアールグレイでした。

今年一年、hjemmeの教室に来て下さった皆様、
今月お会いできなかった皆様も、ありがとうございました。
来年もより一層楽しんでいただけ教室にしてゆきたいと思います。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

a0085391_1317313.jpg
[PR]
11月 キャロットケーキ

ニンジン、クルミ、バナナそしてパイナップルをたっぷりと入れた
スパイスの甘い香りが漂うキャロットケーキをご紹介しました。
(2009年6月にご紹介したものと同じレシピになります。)

a0085391_9202883.jpg











キャロットケーキを作ってという友達に、
『だったらニンジンを食べたら?』と言い放った私ですが
Notting Hill cakes & giftsのパイナップルが入った
キャロットケーキのおいしさに感激して作り始めたのが2009年でした。

そんなわけでhjemmeのキャロットケーキにもパイナップルを入れることに。
生地にはパイナップルの他にバナナそしてローストしたクルミを入れ、
シナモンをベースにカルダモンそしてナツメグのスパイスを忍ばせ
クリームチーズをベースにしたコクのあるクリームをたっぷりとトッピングしています。

ローストしたクルミの香ばしさ、
スパイスの香りと果物の甘さを感じる生地
そしてクリームを三位一体で是非お家でも食べていただきたいです。

もうひとつはアイスクリンで作る
ヨーグルトと生クリームそしてはちみつをいれた即席アイスクリーム!
そのアイスクリームをレンジで蒸し煮した林檎にのせ
シナモンパウダーをぱらぱらとふってデザートにしました。

蒸し煮した林檎はクッキングアップルとフジ(やジョナゴールド)の2種類使いました。
クッキングアップルは信州・小布施から毎年取り寄せしているものです。
調理用の林檎で火を通すと(レンジでも)煮崩れしますが
強い酸味がありお菓子にもお料理にも活躍する林檎です。
いつかクッキングアップルを主役にしたお菓子をご紹介したいと思っています。

ウェルカムティー:台湾の高山烏龍茶
ティータイムティー:ディンブラをミルクティーで
[PR]
10月 ガトーバスクとカスタードプリン

スペインとフランスにまたがるバスク地方の伝統菓子・ガトーバスク。
a0085391_13424953.jpga0085391_13432413.jpg











カスタードと洋梨をしのばせたタイプをご紹介しました。
何も入れずに焼いても素朴でタルトと厚焼きサブレのような焼き菓子です。
カスタードが入るのでしっとりとした焼き菓子です。

もう一品はカスタードプリンのデモンストレーション。
一人一皿ずつ大きな栗の渋皮煮をのせるだけのシンプルなプリンアラモードに。

素朴なフランスのお茶の時間...
イメージしていた通りにできたとおもいます!(自己満足!)

ウェルカムティー:ダージリンのセカンドフラッシュ(ジャンパナエステート)
ティータイムティー:パリ土産のラデュレの紅茶(ごめんなさい、名前を忘れました)。
[PR]
9月 ひんやりデザート2種とヴィクトリアケーキ

ひんやりデザートは
パンナコッタ、オールパーパスゼリーとかぼちゃのプリン。
すべてゼラチンでご紹介しました。

イタリア語で生クリームを固める意味のパンナコッタ。
牛乳と生クリームを半々にしました。バニラビーンズを入れて香り豊かに。
ティータイムではパンナコッタの上に湯むきした巨峰やマスカットと
さっぱりレモンとワインの風味のオールパーパスゼリーを入れて2層にしました。
濃厚とさっぱりの組み合わせはいかがでしたでしょうか。

かぼちゃのプリンはペーストさえ準備しておけば簡単に作れます。
カラメルソースと生クリームそしてシナモンをお好みで添えていただきました。

カラメルソースを作ったお鍋、
お水と牛乳(を適当に)いれて煮てみて下さい。
カラメルが足りなければ足しながら温めて。
お鍋もきれいになってカラメルミルクの出来上がり。
茶葉も入れてフツフツとしてきたら火を止めて蓋をして少し蒸らせば
カラメルミルクティーに。
こちらも少しの生クリームにシナモンをふりかけると立派な飲み物に。

バターケーキにジャムを挟んだ英国伝統菓子のヴィクトリアケーキは
何年作っても出来が毎回違ってて
至極シンプルな作り方なのに奥が深いケーキです。
丸型で一台もいいですが、花型で焼いてお持ち帰りいただきました。
挟んだジャムはラズベリー。

今月のテーブルはゾッと(笑)するほどラブリーでした。
自分で選んだのだけど、私の実生活にはまずあり得ない可愛いシーンです。
たまにはいいですかね!?

a0085391_11384322.jpga0085391_1139192.jpg












ウェルカムドリンク:
残暑が厳しかった前半クラスは水だしアイスティー
ぐっと秋めいてきた後半クラスは奈良のほうじ茶を

ティータイムティー:
ラデュレの紅茶 Royal blue garden tea
[PR]
7月 抹茶シフォンケーキと和風トライフル

今までプレーン、チョコレートとご紹介してきたシフォンケーキ、
今回の抹茶シフォンは初めてのご紹介となりました。

a0085391_2232306.jpg
宇治抹茶のほんのり苦味と薫り高い抹茶生地に
和三盆糖を加えたメレンゲを加えて上品な甘さの
ふわふわしっとり抹茶シフォンになりました。


一つ余る卵黄は電子レンジで作る簡単カスタードクリームに。
他にも生クリームにエスプレッソ、ヨーグルトを加えて
3種類のクリームを準備しました。



トライフル(trifle)は市販のフィンガービスケットやスポンジケーキにお酒をしみこませ
カスタードクリーム、生クリームそして果物を乗せるだけの簡単な英国の伝統お菓子です。
今回は生地を抹茶シフォンケーキにして、大納言、バナナ、クリーム3種類(のうち2種類)、
バナナを入れた和風トライフルをガラスのカップに銘々に作っていただきました。

カスタードクリームはもちろん大好きですが
エスプレッソクリームもヨーグルトクリームもどちらもお気に入りとなりました。
抹茶との相性もよく夏にお勧めです!

抹茶シフォンケーキ、こんなにたくさん作ったので
私自身の腕も多少はあがったでしょうか...!?笑

ウェルカムドリンク:岩手・及川りんご園さんのりんごジュース
ティータイムティー:奈良のほうじ茶
            (千葉稲毛の住宅街にある落ち着いた雑貨屋さんgris sourisで購入)
[PR]
6月 チーズケーキとショートブレッド

爽やかで濃厚なチーズケーキとショートブレッドをご紹介しました。

自分の中で
・材料はスーパーで買えるパック使いきり
・味は濃厚だけど爽やかな夏向けニューヨークメソッドのチーズケーキ
この2つを決めて色々と試した中から一番シンプルな作り方をご紹介しました。

また、お菓子作りの怪我や火傷は絶対に避けたいこと。
今までの痛い(笑)経験を通してたどり着いた
安全で安心のニューヨークメソッド便利グッズのお話も。←大袈裟ですかね。

お召上がりの時にいちご、キウィ、マンゴーと日替わりで
フルーツソースをかけて酸味をプラスしました。
いちごは長野で買い求め、キウィはフードプロセッサーで砕いたもの(砂糖なし)、
マンゴーは(内原イオンモール内の)KALDIで見つけました。
お家にある果物をフードプロセッサー(またはミキサー)にかけるだけの
即席フルーツソースもおすすめ。

ショートブレッドはボウルひとつでできる簡単焼き菓子。
タルトリングに敷き詰め包丁で8等分、16等分にしたり大きさを変えて焼きました。
砂糖を変えたり、粉を変えて楽しんでみても。


a0085391_1327195.jpga0085391_13273579.jpg











・ウェルカムティーはダージリンファーストフラッシュ(マーガレットホープ茶園)
・ティータイムティーはイギリス・テイラーズのヨークシャーゴールド
[PR]
4月 『スコーンと紅茶の入れ方』

プレーン、チョコチップ、全粒粉そして胡桃、4種類のスコーンをご紹介しました。

a0085391_155197.jpg












私自身、習い事が大好きですが、何事もひろーく&あさーくなタイプですので
久々の紅茶の入れ方のレクチャーもゆるーく簡単に。
外してはならない大切なポイント、その理由と一緒にお伝えしました。
紅茶をいれることはどのお茶をいれるよりも簡単です。

茶葉の成分をあますことなく引き出していれて
その紅茶を飲んでどう思ったか、それが一番大切。
そこからどう自分の好きな紅茶に仕上げるのか...。
自分が美味しいと思う紅茶にするためのポイントをお話しました。
美味しいはひとぞれぞれ。
自分の物差しで。
紅茶に限ったことではありませんね。

最後はお好みの茶葉で入れた紅茶と焼き立てのスコーンでクリームティー♪
クロテッドクリームとベリー系ジャムと手作りキウィジャムをたっぷりつけて。

ご用意した茶葉は下記4つ:
・ヨークシャーゴールド
・セイロンブレンド
・イングリッシュブレックファスト
・アールグレイ

紅茶が今までよりもずっと身近にそして美味しく感じること間違いなし!と願っています。
[PR]
エスプレッソ生地にクリームをくるりと巻いたロールケーキ

a0085391_21333418.jpg











去年10/31・11/1の2日間、tonerikoさんの2階・Nautilusで行った
Fika in Nautilusでお出ししたロール生地をご紹介しました。

クリームはホワイトチョコレートガナッシュクリーム。
生クリームより扱いが簡単で持ち運びする時には便利なクリームでは。
イチゴとバナナをくるりと巻いて両方お持ち帰りいただきました。
どちらがお好みでしたか?

ガラスのキャニスターはオオタガラススタジオさん♪

a0085391_22442895.jpga0085391_22444917.jpg












ウェルカムティーは林檎ジュースを温めたもの(レンジで)。
同じものをだしていただいてとっても感動したので。
温めた林檎ジュース、もしかしたら冷たいものより好きです(私は)。

ティータイムティーはラデュレのマリーアントワネット。
パリのラデュレで買いました、と言いたいところですが銀座三越で買いました。

最初は香りが強くとんがっている気がしたのですが
普通の紅茶をいれるより少し少なめの茶葉で入れたら上品な香り...に感じるようになったのか
最後には普通にゴクゴク飲めるようになりました。

なぜマリーアントワネットを選んだのですか?と聞かれました。
うーーーん。書いて良いのか。

実は紅茶の香りを何種類か嗅がせていただいてクラクラしてしまった。
そこで、『リーフで香りがない紅茶はありますか?』と聞いてしまったのです。
しまった!☆×と思ったけど後の祭り。
綺麗な店員さん、困っていました。
後ろめたさと申し訳なさで一番高いマリーアントワネットを選んだのでした(笑)。
こんな理由ですみません。
[PR]